てきとーに。

アクセスカウンタ

zoom RSS Accusys ACS-61000-4 使用時の注意

<<   作成日時 : 2011/02/01 01:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

WindowsXP + ASUS COMMANDO + Accusys ACS-61000-4使用時の注意
※2011/1/31現在 System Version 2.0.4のお話です。


OSインストール時PS/2マウス必須
あとなぜかRAID BIOS上では月曜日だけ正しく表示されない。


OSいれたら真っ先にRaidGuard_Xユーティリティ入れること。
IntelチップセットドライバのあとにいれるとOS再インストールするハメになる。


今回は以下の順
OSインストール

ATK0110←忘れがちw

RaidGuard_Xユーティリティ

Intelチップセットドライバ

88E8056イーサコントローラ

この時点でSP3あてる(GeFORCEとSoundがSP3入ってないとよろしくないため)

GeFORCEドライバ

Soundドライバ


初期値のままACS-61000を使おうとすると死ぬほど遅いので、プリフェッチを小さくしておくこと。
これをやっておかないと、各種操作で反応が超ニブくなる。
(RAID1でのおはなし。他のRAIDLevelは知りません)


また、Suspend To RAMを使用するときはドライブキャッシュを切っておかないと、データロストが発生する(コントローラキャッシュは有効にしていても大丈夫。ドライブキャッシュONのままSTR→復帰→リブートしてみるとchkdskが走るのですぐわかる。どうも自分のキャッシュを吐き出したらOSにシャットダウン準備完了の通知を返してしまうっぽい?だから初期値はOFFになってるのかなぁ…)
当然ながらPower On Suspendではロストしないけど、このサスペンド意味ないしなぁ…


2/2追記
キャッシュの関係が逆でした。
システムキャッシュを無効にしておかないとStRでCHKDSK走ります。


システムキャッシュ→OFF
ドライブキャッシュ→ON


サスペンドの動作は考えられていないっぽい。


3/22 追記
結局のところ、平均化モードにチェックをいれてるとサスペンド時にデータ破損することが判明しました。


選択設定→モード→平均化モードをOFFにし、キャッシュ→キャッシュの同期をONにすることでStRにしてもデータ破損することはなくなりました。めでたしめでたし。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Accusys ACS-61000-4 使用時の注意 てきとーに。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる