メガアダプタにFM SOUND UNITを搭載する

画像

















メガアダプタ発見記念。
とてもいまさら感ですが、メガアダプタにSEGA mkIII用のFMサウンドユニット FM-70を搭載する改造です。
なお、これによりなにか不具合があっても当方は一切関知しません(お約束)。

まず、FMサウンドユニットの端子を、メガアダプタのカートリッジコネクタの同じ信号名の端子に繋ぎます。図では使わない端子はNCと*で記述しています。当然ですがそのままでは線を引き出せませんので、メガアダプタの後ろの部分はばっさり切っちゃいましょう。切ることにより、メガモデムを装着したままメガアダプタを使用できるという利点もありますし。


画像















画像











画像










この時点で、FMサウンドユニット側の-KBSELと-JOYSELが余ります。

次に、メガドライブ側のB7と、-KBSELを接続します。写真でいうところの黄色いジャンパー線です。こちらはメガアダプタのMD接続部分からとってきます(写真とろうと思いましたが、無理でした。バラすとなんかもとに戻せそうになかったし)。ちなみに本来の信号は68000 A19です。

-JOYSELは思い切って無視です。普通に考えるとD1、D0のみ、JOYSTICK読み出し時に競合しますが、どうもメガドライブのメガアダプタ使用時にB7から出ている信号線は-KBSELではなく、-FMSELのようです(多分。うそだったらごめんなさい)。

あとはFMサウンドユニットの音声出力を適当に処理してください。一番楽なのはmkIIIの時と同じ接続ですが、ビデオ出力しか使えなくなりますので、FMサウンドユニットからは音声だけいただいて外部でMIXしたほうがいいと思います。

なお、-KBSELに切り替えスイッチ(片方はB7、片方はPullUP)をつけておくと、スイッチひとつでFMとPSGを切り替えられます。

※補足
この改造(といっても配線しただけですが)で動作を確認した本体は

・最初の2階建て基板タイプのMD
・その次あたりの2階建てじゃなくなった頃のMD

です。VA6が手元にありますが、ACアダプタが見つからなくて確認とれないという…

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

SHARNO(しゃ~の)
2009年09月06日 02:06
はじめまして。巡回してたら、辿り着きました。
未だに、MZ-2500ユーザーでセガユーザーです(^_^;)。
メガドライバーにとっては、メガアダプタでFM音源が成らないのは心残りな部分で、
当ブログには、釘付けになりました。
「メガアダプタにFM-70を搭載する」目から鱗でした。そう考えた事はなかった^_^;
・・・つうか、FMの結線がそのままROMスロットに直結してるとは知らなかった。

電子的知識は無いけど、コテ位は使えるので やってみよう と。
ここで、配線に疑問が出ました。
FM-70側 -KBSELは、メガアダプタ側B7に繋ぐんですよね。
アレ?B7ってNCでは?
ttp://exsharno.hp.infoseek.co.jp/data/MegaAdaptor_Tanshibu.jpg
(疑問に思った配線(画)と、メガアダプタ側B7ってここよね画デス)

配線パターンを調べてみようと、
ttp://www2.odn.ne.jp/~haf09260/Mark3/EnrM3.htm
の 拡張端子図を参考に、MK3本体の前面スロットの-KBSEL信号→ROMスロットの通電を調べてみた。
反応する端子はあるものの、テスターの数値が充分とは思えないなぁ。
・・・ここで私の頭は頓挫しました^-^;;ムリポー

私は、何か勘違いしてるんでしょうか?何も考えず、配線すればOK?
お忙しい中すみません。なにかフォロー(ブログ更新でもして)頂ければ、幸いです。
yomiko_rod@hotmail.com
SHARNO
2009年09月06日 02:09
追記:あ、無論。色々やって、メガドラが壊れても、2台目があるし、
FM-70が壊れてもWinエミュ...
まぁ 軽~く、出来たらなぁ~てな感じデス(^^)b
m(_ _)m
TAK.NAV
2009年12月13日 10:36
SHARNO様

とーってもお返事が遅れて申し訳ありません!m(_ _)m
見落としてた上に引越しのゴタゴタでロクにアクセスできていませんでした…
と何を言っても言い訳なので、ほんと申し訳ありません。

さて、配線についてですが、B7はMark3側の端子ではなくて、メガドライブ本体側の端子です。
MDモードでは68000アドレスバスA19が出ているのですが、Mark3モードでは切り替わるようです。

どうやって調べたのかというと…当時の私は結構無謀でしたので、FM音源のためのチップセレクト信号が出ているに違いない!というどっからデムパ受信したんだ、という感じの根拠により、使ってなさそうなメガドライブ側の端子に片っ端からFM音源ユニット側のチップセレクトをつけて試して行き着いた結論です。
まぁ実際他の端子につけても何も反応しないので、多分あってるんじゃないかなーとw

SHARNO
2009年12月14日 00:21
いえいえお気になさらずに<(_ _)>
カキコ&わざわざメル有り難う御座います。
メガドラは、ゲーム機で 互換性を維持しつつ世代交代が上手く行った数少ない例でした。
(他には、PS1→2,GB→GBA,GBA→DSの3例位しか思い浮かばない)。
それだけに、FM音源部は気になり。SEGAが対応させてれば...(海外主体だから仕方がないが)。
コテを握るのは、正月にでも まったりとやってみたいと思います(・o・)>
追記:そいや、この前久々に2500を起動させたら(一応)動きました~。
24年も経つのに...昔のPCは丈夫ですねぇ。でわ~。
TAK.NAV
2009年12月20日 14:09
SHARNO様

>メガドラは、ゲーム機で 互換性を維持しつつ世代交代が上手く行った数少ない例でした。

そうですね~。
わたしはmk3からの移行組でしたので、FM音源が鳴らなかったのはとてもしょんぼりでした。
それ故に、うまくメガアダプタで鳴ったときはあまりのうれしさにしばらくmk3のゲームばっかり遊んでいた記憶が(^^;
お正月にがんばってください!またなにかありましたらお聞きいただければわかる範囲でしたらこたえられます!

MZ-2500は丈夫ですね~。うちには他にもX68000があるのですが、こちらは電源修理(と世代によってはマザーボード上のコンデンサ交換が必須な状況…(ことごとく液漏れ起こしてます)
MZ-2500で過去修理が必要だったのは一度だけでした。
やっぱり思ったのは、自分はプログラムするのはインタプリタが楽でいいなぁ、ということでしたw
直接実行→望む結果が出たらそのまま行番号をつければOK、なのはデバッグしながらプログラム書いてるようなもんですから、後々格段にデバッグが楽です。